森友学園

今、何かとお騒がせの森友学園なんですが、まーいろいろな悪事や疑惑が出てますね。
国有地をかなりの格安で買ったり、幼稚園での虐待疑惑、保護者へヘイトスピーチの文書を配布したり。
教育内容も含めてろくでもない学校法人ではないでしょうか。
国有地の売却に関しては値段はかなり安すぎますが、合法な手続きやゴミの撤去などしっかりしたものであれば何も問題ではありません。この件に関しては実調をしないなど職務怠慢をした国側に問題はありますが。
あくまでも合法かつやることはきちんとやった上での話だが。
今回の森友学園のおこないはひどいものですね。最初はかなりの格安で国有地を購入した話だけだが。まー次から次へとずさんな行為が出てくる出てくる。国側の対応もずさんだが、こっちはもっとひどい。
ゴミがあるという理由で値引きしてもらっただけでなく撤去費用までもらっているにも関わらず実質何もしていないに近いことをしています。はっきり言って詐欺同然では。
トイレが我慢できないにも関わらず、海軍式の教育と言ってトイレに行かせなかったり、お昼にお茶を飲むことも許されなかったりなどの体罰や虐待も見られたり、子どもの自尊心を傷つけたり、保護者にはヘイトスピーチ文書を配布したり。
こういう人達に教育を語る資格もないし、子どもに教える立場ではないです。
愛国心とは学校で教えるものではなく自然に身に付くものです。愛国心の強制教育は逆に今日のネトウヨみたいに歪んだ愛国心しかうみだしません。
人として当たり前のことをせず、自分たちの価値観を押し付けることしかしない。何度も言うがこういう人達に学校を運営する資格はありません。子ども達が可哀想です。
そんな人達だからまだ何か出てくるかもしれないが、どんな展開になろうとも子ども達の利益を最優先にして行政側は対応していただきたい。
国有地の売却に関しては今後、こういうことがないよう実費負担にするなどしっかりした対応にしていただきたい。

[PR]
by wedvhu | 2017-02-25 13:50 | 社会 | Comments(0)

何の根拠もない親学

そもそも親学とは何か?
悪名高いニコニコ大百科によるとこんな内容が書かれてました。

(ニコニコ大百科より引用)

この中でましなのが子どもに早寝早起きをさせ、朝食を必ず食べさせる。
人間にとって朝食を取ることは非常に大切です。
朝食を取ることによって勉強や作業能率の向上につながりますからね。子どもの時から朝食を食べる習慣をつけることは良いことです。
また、子どもを有害情報から守ることも重要です。今日のネット社会は様々な情報で溢れかえっています。犯罪に巻き込まれたり嘘やデマに引っ掛かったり、差別主義者に染まったり。そういう危険性がかなり高くなっています。それらから子どもを守ることはたしかに重要です。
まともなのはこの2つだけですね。
その他は当たらず遠からずかまったく的はずれなものばかり。いくつか例を取って説明します。
で育てなければならない。粉ミルクを使わない。
→理論上不可能です。そもそも完全母乳育児はメリット、デメリットがあります。
それなりに栄養バランスがよい、精神的安心をもたらす場合がある、顎の発達を促すなどのメリットがある反面、感染症のリスクがある、栄養が偏る場合がある、乳児死亡率の上昇につながるなどのリスクがあります。
こういった赤ちゃんを危険にさらすデメリット等も考慮せず、自分たちの誤った認識を押し付けるのはどうかと考えます。
発達障がいや自閉症や親の愛情不足が原因で、伝統的子育てでは発生しない
→反論する価値もないですね。発達障がいをまったく理解していない証拠です。そもそも伝統的子育てすらわかっていないだろと思いました。
ほんの一部ではございますが突っ込んでみました。
子育てにマニュアルはなくまして親だけのものではありません。周りと協力して社会で行っていくものです。
親学という似非保守の間違った価値観が逆に育児ノイローゼを生みだしていることも忘れてはいけません。そして似非保守の皆さんも日本の伝統的子育てを学べと言いたいです。


[PR]
by wedvhu | 2017-02-20 11:31 | 社会 | Comments(0)

先週の日米首脳会談は予想通りの朝貢外交になったが、最悪の結果にならなかっただけ良かったのではないでしょうか。点数をつけるとしたら30点くらいでは。
数少ない成果としてオバマ政権に続き、尖閣諸島を日米安保の対象と明言したことではないでしょうか。万が一尖閣諸島で日中が衝突した際、米軍が出動するかどうかはその時にならないとわかりません。何故なら日米安保5条は有事の際、確実に米軍の出動を保障したものではないからです。
では何故私が評価をしたかと言いますと、アメリカが尖閣諸島を日本領と明言したに等しいからです。
中国と尖閣諸島について話すことがあればこれを利用できますからね。尖閣諸島については後程述べます。
トランプ大統領にゴマをすっておだてて、日本国民のお金でアメリカの雇用を増やすことを約束し機嫌を損ねず余計なことを言わせなかったことも別な意味での成果ではないでしょうか。
おかげで世界に日本国総理大臣のお恥ずかしい姿が披露されたわけですが。アメリカメディアからはこんなにおべっかを使う外国首脳は見たことないと酷評されたくらいですからね。
アメリカに媚を売ることしかできない能力も知恵も足りない総理大臣。その安倍総理をおだてる日本の大メディアのへたれっぷりが日本国民にとって最大の不幸ではないでしょうか。
朝貢外交に徹して何の利益もない日米首脳会談ですが、今後も何らかの話し合いをするみたいなので今度はどんな約束をするのか楽しみですね。
PS.北朝鮮がミサイル実験をしたり、正男氏を殺害したりと不穏な状況が続いています。こういう時だからこそ中国、韓国とも連携していく必要があります。しかし、安倍総理には期待できそうもないですね。

[PR]
by wedvhu | 2017-02-16 09:00 | 政治 | Comments(0)

ネトウヨについて

もうひとつ似非保守を語る上で欠かせないのがネトウヨです。
似非保守はネトウヨ思考が多く、もはや保守とは言い難い存在です。
よくネトウヨの定義とはなんぞやと聞かれるのでここではっきりと言おう。
○簡単言えばネトウヨの方々がいつも想像している韓国人や中国人そのものの姿である。
○歪んだ愛国心を持っている
○千里眼の持ち主
○嫌韓・嫌中かつレイシスト
○何でもかんでも韓国の話題にする。
○何かあると在日だとさわぐ。特に犯罪関係のものだと面白いくらいさわぐ。
○自民党支持者(特に明治以降最高の迷首相安倍晋三シンパ)
○好きな言葉はシナ、チョン、朝鮮人、パヨク、売国奴
○中国、韓国はヒステリックなくらい批判するがアメリカに対しては無条件で称賛する。
○ネトウヨを構成しているグループはニートや平均以上の収入がある等いろいろ説はあるがどちらも正しいと思う。年齢層は20代、団塊ジュニア世代が主に占めている。
ちなみに団塊ジュニア世代は他の世代に比べ甘やかされた世代である。余談だがモンスターペアレンツが多いのもこの世代である。
○平均以上の収入があるわりには基本的に馬鹿が多い。調べることを知らない。
○ネットで真実を知ったと言う。要するにネットのデメリットを理解していない。
○反原発や沖縄の反基地は中国の手先だと思いこんでいる。
○デマ、捏造が大好きで、デマを拡散させるのが得意。
○自称保守だが保守を理解していない。
○代表例 櫻井よし子、西村幸祐、高田誠、安倍晋三、テキサス親父、在特会、なでしこアクション
まだまだたくさんあるがこれだけでもろくでもないことがわかるでしょう?
これまではネットだけで活動していたが、いつしか本を出版したり、テレビに出たり、自称保守派論客と名乗ったり、街頭に出てヘイトスピーチを連発したりするなど多岐にわたるようになりました。
日本の利益になるどころか迷惑しかかけない厄介な方々です。はっきり言って日本の恥さらしです。
特に厄介なことは相手(特に左派)を貶めるならデマや嘘を言うことを厭わないことです。いい例がニュース女子の沖縄報道です。
それなのに朝日新聞社の誤報は血眼になって叩く。
自分のことを棚に上げて人のことを言う。どうしようもないなと思います。
これからもこのことも含めてつぶやこうと思います。

[PR]
by wedvhu | 2017-02-12 14:20 | 政治 | Comments(0)

似非保守と歴史修正主義

保守を自称している似非保守と歴史修正主義は切っても切れない関係です。ただ歴史修正主義と言っても厳密に言えば自分たちの歴史観にあわせて都合よく解釈し美化したり、負の歴史を否定する行為だと思います。これはどの国でもみられることです。ただ日本とは違いごく一部の保守派や国粋主義者に限られますが。(一部例外はあるかもしれません。)
日本の場合は15年戦争の美化、侵略戦争・南京事件・慰安婦の否定などがあげられます。
なぜ似非保守の方々は負の歴史を否定したがるのだろうか?
別に肯定したくらいでは先人達(当事の政府・軍部の上層部を除けば)を侮辱することにはならないはず、それなのになぜんでしょう。
事実を事実として認めることが出来ず、自分たちの中の理想の歴史にしたい。あるいは戦前の日本は正しかったと思いたいだけかもしれません。
15年戦争については後程述べるとして間違いを間違いとして認めることができない。言うことは立派だが、行動がともわない有言不実行、人として当たり前のことができない。
これが似非保守の本質です。


[PR]
by wedvhu | 2017-02-05 16:38 | 政治 | Comments(0)