先週の日米首脳会談について

先週の日米首脳会談は予想通りの朝貢外交になったが、最悪の結果にならなかっただけ良かったのではないでしょうか。点数をつけるとしたら30点くらいでは。
数少ない成果としてオバマ政権に続き、尖閣諸島を日米安保の対象と明言したことではないでしょうか。万が一尖閣諸島で日中が衝突した際、米軍が出動するかどうかはその時にならないとわかりません。何故なら日米安保5条は有事の際、確実に米軍の出動を保障したものではないからです。
では何故私が評価をしたかと言いますと、アメリカが尖閣諸島を日本領と明言したに等しいからです。
中国と尖閣諸島について話すことがあればこれを利用できますからね。尖閣諸島については後程述べます。
トランプ大統領にゴマをすっておだてて、日本国民のお金でアメリカの雇用を増やすことを約束し機嫌を損ねず余計なことを言わせなかったことも別な意味での成果ではないでしょうか。
おかげで世界に日本国総理大臣のお恥ずかしい姿が披露されたわけですが。アメリカメディアからはこんなにおべっかを使う外国首脳は見たことないと酷評されたくらいですからね。
アメリカに媚を売ることしかできない能力も知恵も足りない総理大臣。その安倍総理をおだてる日本の大メディアのへたれっぷりが日本国民にとって最大の不幸ではないでしょうか。
朝貢外交に徹して何の利益もない日米首脳会談ですが、今後も何らかの話し合いをするみたいなので今度はどんな約束をするのか楽しみですね。
PS.北朝鮮がミサイル実験をしたり、正男氏を殺害したりと不穏な状況が続いています。こういう時だからこそ中国、韓国とも連携していく必要があります。しかし、安倍総理には期待できそうもないですね。

[PR]
by wedvhu | 2017-02-16 09:00 | 政治 | Comments(0)